1度目の移植は自家移植で、大きなGVHDもなく、わりとすんなり退院できました。

2度目の移植は適合するドナーさんが見つからず、臍帯血移植をしました。はじめ、臍帯血移植でも適合する臍帯血が見つからず絶望的でした。

自分は身体が大きく、臍帯血では十分な量がとれないと先生から言われました。ところが、自分の体重でも大丈夫な臍帯血が現れてくれました。

ところが、移植後はじめは激しい下痢くらいでしたが、移植後1週間くらい経過してから腎臓がやられ、自分の力でおしっこが出せなくなり緊急で透析が始まりました。毎日輸血して生き延びていました。献血してくださった皆さんには感謝してもしきれません。

1435125139753

移植直後は下痢だけでまだ元気でした。



1437871003626

毎日の輸血で生き延びていました。


1437715950165

透析室への移動中らしいです。自分はこの頃の記憶がありません。嫁が撮ってくれていました。


1437983160321

これが透析をしてくれるマシンのようなものです。
これで血を入れ替えてもらいます。


何とか状態を持ち直してから、目に違和感がありました。片目が見えにくいんです。でも血小板の数値もなかなか上がらず、当面目のほうは後回しに。

結果としては、目をこすったりすると白目の毛細血管が切れて普通に生活していても急に目が充血したりすることはあるのですが、自分の場合、血を止める血小板の数値がほぼない時にこれが起きてしまい、切れてしまった毛細血管からずっと流血が起きていたらしいのです。

それが目の奥に溜まってしまって目が見えづらくなっていました。

でも今はそれを取り除く手術もできずしばらく様子見となりました。

完全に数値が戻ってから血を抜く手術をしよう。ということになりました。

続きます。


☆いつも前向き☆


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-8b+1n-dw+ep+i2"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5115998143">



★以前のブログはこちら
http://ameblo.jp/08216391

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村