今日は医薬品副作用救済制度でのQ&Aです。

救済の対象にならない場合とはどのようなものですか。

副作用の対象にならない場合は、次の通りです。

(1)法定予防接種を受けたことによるものである場合。(なお、任意に予防接種を受けた事による健康被害は対象になります)

(2) 医薬品等の製造販売業者などに損害賠償の責任が明らかな場合

(3)救済の為やむを得ず通常の使用量を超えて医薬品等を使用した事による健康被害で、その発生が予め認識されていた場合

(4)対象除外医薬品による健康被害の場合

(5)医薬品等の副作用のうち健康被害が入院治療を要する程度でない場合や日常生活が著しく制限される程度の障害でない場合、請求期限が経過した場合医薬品等の使用目的、方法が適正であったとは認められない場合とあります。

FBファーストセラムはこちら

https://fbc.foreverbeauty.club/

DSC_1531


☆いつも前向き☆

過去メディア出演歴はこちら


白血病ランキング

ランキングに参加しています
1日1クリックで
応援いただけると大変励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村